<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
シンサイミライノハナPROJECT コンセプト
震災から15年が経とうとしている今、
「震災を経験したけどあまり覚えていない。」
「まだ、生まれていなかった。」そんな世代が増えています。

「震災を決して忘れてはいけない。」

そのために、多くの人に震災と向き合うきっかけをつくりたいと考えています。
それぞれの人が震災と向き合った時間を花として表現し、街中にみんなの想いを咲かせます。
[PR]
by sinsaidesign | 2009-11-30 13:00 | コンセプト
シンサイミライノハナPROJECT2010プロジェクト概要
c0216061_135539.jpg

c0216061_1341779.jpg


一人一人が花びらのカタチをしたカードに“ワタシにとっての震災とは”を記入、組み合わせることで花になります。その花を街の中に飾ることで、震災と向き合い、伝える時間を表現します。また「シンサイミライノハナ」は夜になると光り、風に吹かれた花がゆらゆらと街を照らしみんなの想いが浮かびあがります。

1.「シンサイミライノハナ」事前募集します。
NGO、NPO、遺族団体などに協力してもらい事前にメッセージを募集します。震災教育に取り組んでいる学校など教育機関、新潟県に協力していただくことも企画。

2.三宮駅から東遊園地までセンター街、デパートなどに協力して頂き、「シンサイミライノハナ」を募集し飾ります。(1.15〜1.17)

3.神戸震災復興記念公園・語り継ぎの広場に「シンサイミライノハナ」を咲かせます。(1.17)

4.兵庫県立美術館に「シンサイミライノハナ」を咲かせます。(1.17〜1.31)
NHK神戸、兵庫県など主催の「震災の絵」絵画展にあわせ会場に飾ります。
※みなさんから集めた花びら(震災への想い)は大切に保存し、来年以降も継続していきます。

実施効果
・震災を体験していない人や若い世代に震災について向き合う“きっかけ”をつくります。
・鎮魂の日であることを人々に伝え、東遊園地公園と神戸震災復興記念公園、HAT神戸へのアプローチをつくります。
・花づくりを通して人々がつながり、ネットワークを築くことが防災へとつながり、神戸の街の未来をつくります。

参加者
10万人(2万本の花)
[PR]
by sinsaidesign | 2009-11-29 13:03 | コンセプト
プロフィール
c0216061_17354090.jpg西 川 亮 / RYO NISHIKAWA DESIGN STUDIO

萩 原 盛 之 / design work office landmark.







シンサイミライノハナPROJECTをデザイン。
共に神戸芸術工科大学デザイン学部環境・建築デザイン学科を卒業。神戸を拠点に 地域と関わりを持ちながらデザインを学ぶ。
2009 年hakuhodo+design/studio-L が主催のコンペティション「震災のために デザインは何が可能か」で最優秀賞受賞。現在は震災から新たに芽生えた“ 人と人 のつながり” をキーワードに、人々を巻込みながら社会問題を解決するデザインを それぞれに行っている。
その他に震災× 未来=?PROJECT がある。


c0216061_1736515.jpg







hakuhodo+design/studio-L 主催のコンペティション「震災のためにデザインは何が可能か」に提出したデザイン。
watertriage( 左写真): 震災時に水の確保が大きな問題であることから、水の延命を計るために被災者が飲料水・生活水・ 排水を区別し、みんなで水を管理・確保するタグ。
時間のデザイン: 避難所でみんなが時計を見て過ごしているという事実に注目し、既存の時計に黒板を設置する事でみんなで情報を共有できるしくみ。
[PR]
by sinsaidesign | 2009-11-28 17:41 | メンバー
シンサイミライノハナPROJECT2010実行委員会メンバー
代表 西川亮
代表 萩原盛之

   大阪市立大学 有志
   大手前大学 有志
   関西学院大学 有志
   京都造形大学 有志
   近畿大学 有志
   神戸芸術工科大学 有志
   神戸大学 有志
   同志社大学 有志
   兵庫教育大学 有志
   など
[PR]
by sinsaidesign | 2009-11-27 18:03 | メンバー
top
c0216061_2113942.jpg

[PR]
by sinsaidesign | 2009-11-11 11:11



Co.to.hana/コトハナの公式ブログ
by sinsaidesign