カテゴリ:アートツアー( 6 )
琴平アートツアー 事前フィールドワーク2日目
琴平フィールドワークの2日目です。

2日目は、商店街の一角の集会所のようなスペースを借りてミーティングを行いました。
商店街中で七夕の飾り付けがされていました。
c0216061_15405562.jpg


この日は、新たなメンバーは1人だけだったので、自己紹介はさっくりと。
c0216061_15405810.jpg


そして、改めて西川からアートツアーについての説明を行いました。
みんな、てれすこで大盛り上がり。

ピンクの髪の毛をてれすこで覗くと、
c0216061_154117.jpg


こんな模様になります。
c0216061_1541448.jpg



さて、ここからは前日出てきた案を深めていく議論です。
初めてのメンバーもいるので、もう一度、前日の気付きややりたいことを1人ずつ出していきました。
まちの問題点なども出し合い、最終的には可能性を感じる面白そうな案が結構出てきました。



そして昼からは、みんなで金比羅山へ登ることに。
c0216061_15411018.jpg


最後の難関。
c0216061_15411112.jpg


みんな猛ダッシュ。
c0216061_15411454.jpg


やっと願い事が出来ました。
c0216061_16185880.jpg


お参りで疲れたあとは美味しいかき氷を堪能。
c0216061_16251436.jpg




琴平の魅力を存分に味わえた2日間でした。

アートツアーに関しては、まだまだ、実施時期も含めてこれから詰めていかなければならないことは多いですが、是非とも琴平のまちを元気にするようなプログラムを実施出来ればと思います。
[PR]
by sinsaidesign | 2011-07-08 16:28 | アートツアー
琴平アートツアー 事前フィールドワーク1日目
こんにちは。コトハナの田中です。

6月25〜26日の2日間、香川県琴平町へ行ってきました。

今回、琴平の若い世代の人たちから、自分たちのまちを元気にするためにアートツアーをしたいと声をかけていただきました。
そこで、その実現のために現地メンバーといっしょにフィールドワークとミーティングをしました。


まずは1日目。

現地のメンバーもほとんど初対面ということで、名前を覚えるための簡単なゲームをしました。
c0216061_13442469.jpg


そして自己紹介。
c0216061_13444871.jpg


ここで昼になったので、グループ分けをして交流を深めながらお弁当を食べました。

昼からはまず、代表の西川から、コトハナのことやアートツアーについての説明。
c0216061_13445321.jpg


食後の眠たくなる時間帯にも関わらず、みんな真剣に聞いてくれています。
c0216061_134549.jpg


ひと通りの説明が終わると、現時点でみんながどんなことをしてみたいかを共有しました。

そしてフィールドワークに出る前に、現地メンバー代表のMさんから琴平講座。
琴平町は、金比羅山で有名な琴平地区(商業)の他に、榎井地区(工業)、象郷地区(農業)と3つのそれぞれ違う特色を持った地域からなっているそうです。
c0216061_13451369.jpg



そして、メンバーがそれぞれオススメの場所も出し合って、いよいよフィールドワーク開始。
c0216061_13463022.jpg


まずは琴平地区。
c0216061_13463534.jpg


JR琴平駅。
c0216061_13464647.jpg


琴電の琴平駅。すごく味のある建物。
c0216061_13465096.jpg


そして川沿いも魅力的な空間になっていました。
c0216061_13465235.jpg


途中、すごく親切なおじさんが経営する饅頭屋さんで、琴平のお話をいろいろ聞きながら一休み。
お茶とお饅頭も出していただきました。
c0216061_13465791.jpg



次に榎井地区。
一歩足を踏み入れると、琴平地区とは全然違う町並みになっていました。

榎井の町並み。
c0216061_13471999.jpg

c0216061_13472233.jpg



そして象郷地区。
田んぼや畑の広がる町並み。
c0216061_14595942.jpg


大量のニンニクを干してました。
c0216061_1525651.jpg


最後に琴平を一望出来る山に登ることに。
c0216061_1551129.jpg


中間地点からの眺望。
c0216061_156266.jpg


みんなで集合写真。
c0216061_157532.jpg



かなり歩き回って疲れましたが、琴平の3地区をフィールドワークするなかで、琴平の魅力や課題がいろいろと見えてきました。

その後、また室内に戻り、フィールドワークをしてみて実際に何が出来そうと感じたか、みんなで意見を出し合いました。
実現したら面白そうな案もいくつか出てきて、2日目にそれをもう少し詰めていくという方向になり、フィールドワーク1日目が終わりました。
[PR]
by sinsaidesign | 2011-07-08 15:24 | アートツアー
大野アートツアー事前説明会開催!!
c0216061_20215100.jpg


こんばんは。コトハナの木戸です。
今回は、大野アートツアーの事前説明会のご案内です。
大野アートツアーの事前説明会を7月9日(土)の13時からコトハナ事務所(大阪市住之江区北加賀屋)で行います。

大野アートツアーとは、9月17日(土)18日(日)19(月)の3日間
福井県大野市という、「水がきれい」で「星空もきれい」な素敵な街で
地元の子どもたち約30名と3日間の泊まり込みでワークショップを行う
アートツアーです。

今回の大野アートツアーでは、テーマを「水」に設定し、関西の大学生と
地元の子どもたちが街をフィールドワークしたり、実際にモノを制作したり、
街の人たちに発表したりすることで、地域の課題を発見し、解決のための提案を
するプログラムになっています。
以下、大野アートツアーの詳細です。


【大野アートツアー詳細】
■日時:9月17日(土)18日(日)19(月)の3日間
※前後の16日(金)と20日(火)は移動日になるので、少なくとも16日の午後と20日の午前は予定を開けておいてください。
■場所:福井県大野市
■参加費:1万5千円(交通費、宿泊費込)

興味のある方は事前説明会の方へ足を運んでみてください。
事前説明会の参加は木戸までご連絡を。
Mail:kido@cotohana.jp
Tel:090-8526-1620
[PR]
by sinsaidesign | 2011-07-04 20:02 | アートツアー
福井県大野市アートツアースタッフ募集!
□■□大野アートツアースタッフ募集!!!□■□


c0216061_17472220.jpg



8月23日〜25日に福井県大野市で行うWAOプロジェクト2011「アートツアー」のスタッフを募集します!!

*大野の記事
【視察一日目】
【視察二日目】

デザインを学ぶ大学生、子供がすきな人、アートに興味のある人、自分の町をなんとかしたいと思っている人、などなど、学部、職業、年齢等は問いません。
若い力でまちの課題にアクションをおこそう!!
_______________________

まずは、本番に向けて、スタッフとコトハナで大野へ行き、
大野の魅力と課題を知り、子供たちと一緒になにができるのか考えていきます。

そして、本番までミーティングを重ね、子供とのプログラムを一緒に考えていきます。

本番は、スタッフが子供たちの道しるべになり、子供たちと共にまちの調査や、ものづくり、プレゼンテーション等を行います。

_______________________

【募集詳細】

募集内容|福井県大野市で、子供たちと共に、まちの課題に取り組むワークショップを運営するスタッフ

実施日時|8月22〜26日

全体説明会|7月9日(土)

参加条件|8月の本番に参加できる方。7月の視察、ミーティングは有志で行います。

募集期間|8月16日(火)〆切

参加費|20,000円(交通費、宿泊代込み)

定員|20名程度(先着順)

視察、ミーティング|(ご希望された有志の方で行います。)
○第一回大野視察:7月16、17日
○ミーティング:7月18日〜8月22日の間で、不定期に数回


参加方法|件名に「大野アートツアー参加希望」を記載し、
○氏名
○所属
○年齢
○電話番号
をご記入の上、
info[at]cotohana.jpまで、ご連絡下さい。
[PR]
by sinsaidesign | 2011-05-26 18:34 | アートツアー
福井県WAOプロジェクト2011 下見2日目
【1日目に戻る】


大野視察2日目です。

この日は、アートツアー本番で子供たちと一緒に宿泊する予定の
「福井県立奥越高原青少年自然の家」に行きました。
大野市から少し山にはいったところにあります。
c0216061_175210.jpg



かなり広くてキレイな施設で、子供たちと作業できそうなスペースもたくさんありました。
c0216061_1753877.jpg

ここはホールで、テラスに繋がっていて、色々と使い方が考えられそうな場所でした。

c0216061_1763714.jpg

体育館。壁が細い木材を斜めに張り合わせて作られていて、初めて見る感じでした。
ここも、かなり広い!でも少し広すぎるかも。

という感じで施設を一通り案内して頂き、3日間空いている日を調べてもらいました。
夏休み中は、ずっと色々な学校が入って満杯の状況なんですが、
8月の23、24、25日が奇跡的に空いていたので、そこで押さえてもらいました。

(正式公表はまだですが、アートツアー本番はほぼこの日で決定です)

施設を案内して下さった方に御礼をし、自然の家を後にしました。


次に向かったのは、「ミルク工房」
大自然の中で育まれた最高のソフトクリームを求め、やってきました。
c0216061_17115898.jpg

めっちゃ甘くて、おいしかったです。
c0216061_18452415.jpg

彼らに感謝です!

しかし、これを上回る最高のソフトクリームが大野にはまだあるらしいです。(参照


また、この辺りは火山が噴火したときに、飛んで来た岩石?がいたるとこ炉に残されています。
c0216061_1719166.jpg

これがものすごい存在感を放っていて、十分に観光資源になると思いました。なんかすごいです。
普通に畑の真ん中にあったり、本当に数えきれないぐらい至るところにありました。


山を降りて、昼食に「しょうゆカツ丼」を食べました。
今、大野市では福井県の「ソースカツ丼」に対して「しょうゆカツ丼」を推しているようです。
c0216061_1722207.jpg

しょうゆはもちろん、大野のしょうゆ!
良かったです!また食べたい!


そして、最後はイトヨの里にいき、イトヨについての映像や、実際のイトヨを見させてもらいました。
イトヨのびっくりする生態に感動しました。ジグザグダンス等、色々あるのでここでは省略させて頂きます。

イトヨの里には、大野に関する資料がたくさんあるので、この機会に少し勉強させてもらいました。

大野の歴史のこと、町のこと、文化のこと、食のこと、そして水のこと。
大野にとって、水はあらゆることに繋がっていくルーツであることがよくわかりました。

ここで学んだ事をもとに、
今回のアートツアーのテーマを「水」に決めました。
水を考えることは、大野の様々なことにつながっていくからです。


そして、次回の大野ツアーが決まりました。
次は、関西圏の大学生を広く募り、一緒にいきたいと思っています。
詳細は【コチラ】
[PR]
by sinsaidesign | 2011-05-26 17:30 | アートツアー
福井県WAOプロジェクト2011 下見1日目
【2日目へ進む】

こんにちは。

5月17日〜18日の2日間、コトハナは福井県大野市へ行きました。

c0216061_1558461.jpg
大野市はWAOプロジェクトという、
様々なアーティストを招聘して、大野の街で制作、展示したり、子供を対象にしたワークショップを行ったりしています。
僕らは、2008年の WAOプロジェクトで「ゆきんこツアー」というワークショップをさせて頂いて以来のお付き合いで、
昨年は「てれすこツアー」というワークショップを開催させて頂きました。
参照(2010.09.17記事


2008年 ゆきんこツアー


c0216061_15584656.jpg


2010年 てれすこツアー


今回も、WAOプロジェクト2011として、コトハナがまた企画させて頂けることになりました。
「ゆきんこツアー」、「てれすこツアー」と続いてきて、今回僕たちが提案させて頂いたのは、
「アートツアー」というプログラムです。

アートツアーでは、「みつける」「つくる」「みつける」「はっぴょうする」「かんがえる」といったプロセスを通して、
子供たちが魅力を発見していくだけではなく、自分たちのまちの問題点を知り、それに対してアクションを起こすというものです。

「ゆきんこ」と「てれすこ」もこのアートツアーに含まれるという位置づけですが、
前の二つが魅力発見に重点を置いてたのに対し、
今回は課題を発見するというところから、子供たちとできればと考えています。


そのための下見で、再び大野市に訪れることができました!!

まず福井県に到着し、福井名物ヨーロッパ軒の「ソースカツ丼」を食べることから、今回のサーヴェイは始まりました。
c0216061_1655544.jpg

本店が閉まっていて、噂の「むせるソース」は体験できなかったのですが、おいしかったです。


大野市に入り、いつもお世話になっている源内さんにご挨拶。
今回は源内さんに色々と案内してもらい、大野を歩きました。

まずは、旧内山邸。江戸時代の大野の大財政難を救った「そろばん侍」内山七郎右衛門の邸宅です。
c0216061_16144272.jpg

補修されているのですが、雰囲気をうまく残したまま、すごく気持ちのよい空間になっています。
特にこの写真にもある二階がすごい。
c0216061_16153472.jpg


窓の高さにむかって、天井が湾曲していて、洞窟みたいな感じになっています。
風が抜けて落ち着く空間です。

c0216061_16235368.jpg

地域の方々つくられた、昔の大野のまちの模型。

c0216061_16164353.jpg

外壁は、火災時などに、延焼を極力防ぐ為に取り外せるようになっているらしいです。
昔ならではの防災の知恵ですね。
源内さんが教えてくれ、実践しようとしてくれたのですが、無理でした。
かなりドキドキしました!笑

c0216061_161982.jpg

ここは「学びの里めいりん」という名前がついていて、小学校です。
めいりんとは、前述の大野藩士内山氏が立ち上げに関わった、明倫館という塾校のめいりんです。
旧内山邸とはすぐのところにあります。

c0216061_16242877.jpg

次は、大野のオアシス、御清水です。
大野にはいろんな所で地下水がわいていて、そのまま飲む事ができる。オアシスだらけなんです。
いつも通り、おいしい水でした。日本名水100選にも選ばれています。
改めて大野は「水のまち」なんだなぁと実感しました。

c0216061_16262947.jpg

次は大野城へむかいます。ふもとの石でこちらを睨む猫。
大野城は亀山の頂上にあります。

c0216061_162763.jpg

時間が遅く、城の中には入れなかったのですが、亀山から大野のまちを見下ろします。
この時期は、黄砂がひどいらしく、この日も少し空が曇っていました。

c0216061_16281724.jpg

亀山からのたんぼの風景。
大野市は、市街地の面積が占める割合は、全体の約13%で、その他は全て森林か田んぼなんです。
この豊かな自然と、市街地の位置関係が、日本でも有数の地下水を産んでいます。

c0216061_16505833.jpg

その後はまちの中を少し歩きました。
七間通りは、老舗が立ち並んでいます。
その中の醤油さんで、大野の醤油を買い、少しだけ中を見させてもらいました。
もろみのカスとかが大量にありました。今はもう捨てるしかないらしいですが、
なんか使い道があれば面白いなあと思いました。


そして、この日は亀山湯という銭湯に入り、
源内さんの家に引き上げ、恒例のジュージュー(BBQ)を行い、明日に備えました。



2日目へ続く
[PR]
by sinsaidesign | 2011-05-26 12:36 | アートツアー



Co.to.hana/コトハナの公式ブログ
by sinsaidesign