佐用町フィールドワーク2010.05.29
Co.to.hanaの木戸です。

今日はCo.to.hanaのメンバーの西川、木戸、金田、平井の4人で兵庫県佐用町へフィールドワークへ行きました。
佐用町は2009年8月9日、台風9号による水害があり人命も失われました。
シンサイミライノハナPROJECTは震災に対する想いや知識をメッセージとして集めましたが、台風の水害も同じ災害だし、12月にインドネシアのバンダ・アチェで咲かせる花は津波という震災から発生する水害ということに対してプロジェクトを行います。


佐用町に出身のCo.to.hanaメンバーの平井さんの実家の前を車で通りました。
家の前の橋は水害で落ちてしまい、2、3年はこのままになるだろうという事です。
c0216061_1515540.jpg


その他にも水害の爪痕が街の所々で見られました。
c0216061_1532916.jpg

c0216061_1535853.jpg


佐用町は自然が豊かで、川の水がとてもきれいでした。
c0216061_1545298.jpg


午前中は佐用学生連絡協議会による「若洲学生村」の開村式に出席しました。
協議会は関西学院大学の学生が中心となっているそうです。
c0216061_1552725.jpg


拠点の看板設置の様子です。
c0216061_1571027.jpg




その後は、交流イベント&昼食です。
僕らはうどん作りを体験しました。

うどん作りを教えてもらっている西川さん。
c0216061_1585577.jpg


上手くうどんを打てたのでしょうか。
c0216061_1593325.jpg


平井さんも挑戦しました。
c0216061_20465.jpg


そして僕らが作ったうどんの試食です。
とても美味しくてメンバーみんながおかわりしました。
c0216061_205557.jpg

c0216061_215989.jpg


こんにゃくの柚子みそもおいしく頂きました。
c0216061_223188.jpg


食事だけでなく、地元の方との交流も忘れません。
c0216061_231190.jpg

c0216061_241090.jpg


佐用学生連絡協議会の方とは協力しながら、8月9日のイベントを行いたいと考えています。
協議会の方の拠点となる場所へ案内して頂きました。
c0216061_243620.jpg

今日は少ない時間でしたがお互いを知り合ういい機会になったのではと思います。
8月9日へ向けて佐用町民、Co.to.hana、協議会が一緒にミライノハナを咲かせることが出来れば素敵ですね。



午後には、具体的にどの場所に花を咲かせるのかなどを考えながら町中をフィールドワークです。
始めは町役場へ行きました。
c0216061_2458100.jpg


JR佐用駅では駅員さんに当時のお話を聞かせて頂きました。
駅員さんの胸の高さまで水がくるほどの洪水だったそうです。また駅のホームにいた人は翌朝まで取り残されていたそうです。
c0216061_252625.jpg


JR佐用駅での花を咲かせるイメージが湧いてきました。
c0216061_255446.jpg


続いて商店街を歩いていると、店頭になにやらステッカーが貼ってあります。
この水色のラインまで洪水の水がやってきたそうです。
c0216061_264914.jpg


佐用川と佐用大橋です。
c0216061_271810.jpg


佐用川。川で花を咲かせることが出来れば、とてもきれいは風景になりそうな予感がしました。
c0216061_275451.jpg


その後、佐用町役場へ行きました。
c0216061_282336.jpg

役場では生涯学習課の岸本さんにお会いしました。
8月9日にイベントをしたいということと、前後1、2週間程度も花を咲かせたいということを伝えました。また、岸本さん自身も佐用川で何かしたいという思いがあるようで、Co.to.hanaと上手くコラボ出来ればいいなと思います。


今日は平井さん以外は初めての佐用町だったので、佐用の空気を吸い、佐用に人とふれあい、ネットワークをつくり、花を咲かせる場所の下見もでき、充実したフィールドワークでした。
これから企画を詰めていき、8月9日までにあと数回は足を運びたいと思います。
[PR]
by sinsaidesign | 2010-05-29 23:59 | シンサイミライノハナPROJECT
<< アジアンナイト打ち合わせin丸... 北加賀屋フィールドワーク&物件... >>



Co.to.hana/コトハナの公式ブログ
by sinsaidesign